本連盟は、この生駒の地に昭和38年「故・谷口 幸 8段」が
当道場の前身[修養館道場]を創設されたのが始まりであります。
  その教えは柔道の創始者「嘉納 治五郎 師範」の
「精力善用」「自他共栄」を基本理念とすると共に、柔道を
生涯スポーツと捉え、あらゆる年齢層・性別・職業・国籍に関係なく
親しんで頂き、その楽しさを知ってもらう道場であります。
  一方、柔道の強さ、厳しさを教える豊富な経験と熱意を持った
指導者(4段以上7人)も多数おり充実した指導をしております。
  また、その柔道を学ぶことで「礼の精神」を身につけ、心身ともに
強く立派な人間に育ち社会に於いても貢献できる人に育てることを
目的としております。



生駒市柔道連盟
会長 奥山 隆庸